シミやしわを防ぐために実践している2つのこと

紫外線が原因で起こる肌のシミや小じわ対策として、2つのことを心がけています。
1つは、とにかくUVケアを徹底することです。
外出時に日焼け止めを全身に塗るのはもちろんのこと、髪の毛にもUVスプレーを吹きかけます。

それからUV加工がしてある手袋と帽子を着用し、できるだけ肌が直射日光を浴びないように心がけます。
これを欠かさず行うようにしていると、かなりシミが防げます。
日焼け対策はするのとしないのとでは肌トラブルの改善に大きな差がでます。
私はUVケアをこまめにすることでシミがほとんどないきれいな肌をキープしています。

それから、もう1つはアンチエイジングケアです。
基礎化粧品はアンチエイジング効果のあるビタミンEなどが含まれたものを選ぶようにします。

スキンケア最後に使うとよいのがグレープシードオイルです。
優れた抗酸化作用があるそうで、お肌が老化してさびるのを防いでくれます。
加齢とともに小さなシワが目立つようになってきましたが、アンチエイジングケアを意識してからシワが増えません。

ビキニラインの処理について

女性だとたまに産婦人科に行く用事も有るかと思うのですが、その時にふと気になった事が有ります。皆、ビキニラインのムダ毛処理ってどんな風にしてから産婦人科に行っているのか気になっています。

いくら産婦人科の先生だからと言っても、結構検査の時にビキニラインのムダ毛をし忘れたりした時には恥ずかしい思いをしながら検査を受けたりもするので、自分以外の人達は皆どんな風に処理をしているのか気になりました。

私は普段はビキニラインの処理は全てしているのでムダ毛が無い状態にしているのですが、病院に行く時はそれだと結構恥ずかしいかなと思って、病院に行く予定の2週間前位から少しだけ伸ばして、形を整えるようにしています。

余り何もない状態だと、何だか余計と恥ずかしい気もするので、短めに処理をして産婦人科に行くようにしています。温泉に行く時も同じ事なのですが、ムダ毛が全く無いと何だか恥ずかしい気もするので、温泉に行く予定の数週間前から少し伸ばして短めの処理にして行くようにしています。

この方が、何だか恥ずかしさの度合いが違うような気がしますが、温泉に行っていくら気になるからと言っても人のビキニラインを見る事はしないので、皆どうしているのかなと思ってちょっと気になっています。
参考店舗:ミュゼ 高松

去年からミュゼで脱毛

昨年からミュゼプラチナムに通って脱毛しています!
両わきの脱毛コースで300円でした!
キャンペーン中ということもあるのですが、安いですよね・・・!

でも追加料金などもないので、安心して大丈夫です!
気になる施術中の痛みですが、私はほとんど感じないくらいです。
デリケートゾーンを脱毛する方の中には痛いと感じる人も多いそうですが、両わきなので、ちょっとチクっとするなーくらいです。

というのもミュゼプラチナムの脱毛方法が関係しているみたいです。
他の脱毛サロンがニードル式やレーザー式といった痛みが出やすい脱毛方法をとっているのに対し、ミュゼプラチナムではSSC方式という光脱毛を採用しています。

また、施術前と施術後に冷却ジェルや保湿クリームでケアもしてくれるので安心です。
なお、この保湿クリームですが、ノンシリコンタイプでプラセンタ配合ということで、脱毛前よりお肌がきれいになる、なんてこともあるみたいですよ!

現在3回通っているのですが、ちゃんと効果も出てます!
安いし、痛くないので、ミュゼプラチナムおすすめですー。
熊本にあるミュゼプラチナムの店舗
ミュゼ 熊本

脱毛はエステでするのが一番

脱毛と言うのは女性にとって身だしなみの一つとして重要な物の一つと言えます。
脱毛も昔は脇の下だけでしたが、今では範囲が広がって行っています。
脱毛の範囲が広がれば広がるほど、自分で脱毛をするのが難しくなっていきます。

そもそも脱毛はお肌をきれいに見せる事が目的でするのですから、脱毛をしてお肌を傷めてしまっては元も子もないのです。
ですから脱毛はエステでするのが一番と言えます。
エステなら脱毛跡が汚くなることはありませんから、安心して脱毛をする事が出来ます。

今はただでさえきれいに脱毛する事が当たり前となっています。
脱毛しても如何にも脱毛しましたと言った感じを出さないのが当たり前となっています。
そんな中、脱毛跡が汚かったら、目立ってしまう事になります。

エステで脱毛すればお金は掛かる事になりますが、現代社会ではそれが必要経費とみた方が良いと言えます。
エステで脱毛すれば自分はもちろんの事、周りの人も美しさに魅了されます。
【参考店舗】ミュゼ 溝の口

両脇のレーザー脱毛とその後

両脇をレーザーを使った脱毛をしました。
2か月毎にレーザーを当てること6回、ムダ毛処理はその当時はほとんど無縁になりました。
たまに、ちょろ毛が生えてくる程度で、毛抜きでささっと抜けばOK。
脱毛してなかったらナチュラルな状態を100%と考え、レーザー後1,2年は5%、そして15年経つ今は30%くらいでしょうか。
結構復活してきています。

ただ、圧倒的に少ないし毛抜きで抜けばすぐに終わります。
そんな感じで、夏になり半袖のシーズンになると毛抜きでぬいていました。
復活は人間の再生能力なんですかね?まぁ15年経つと、それなりにおばさんになってきたので、多少気にならなくなる、というより水着やノースリーブなんて着なくなっちゃいますし。
なんとなくちょろ毛が気になるので抜いている程度です。

ただ、抜いているとその部分にイボが二つできました。
ちょっと気になります。
毛抜きでぬいている時に傷がつきそんな菌がはいってきたのでしょうか?
病院で治療するにも、特に気になる場所でもないし?脇毛以上にきになっています。
脱毛はやはり自分の手をさけて専門機関でやってもらうのがよいのかな~と思いました。

はじめてのムダ毛処理

私が若い頃は、ムダ毛処理用のハンディーな機械もありませんでしたので、T字カミソリかテープでした。
ムースを使っての除毛処理もあったな。
主に使用したのはカミソリでした。

私は毛の一本一本が太いので、除毛ムースでは無理でした。
泡立てたボディーソープを脇の下やすねの部分につけます。
そこをT字カミソリを使って処理ました。

脇の下はなかなか自分の目で確かめることができませんでした。
脇なので見辛いし、暗くて、少し遠目にあったのでやっぱり見辛かった。
たぶんここらへんもと、大体の検討を付けて処理してました。

お風呂じゃないところでする時は、ソープをつけませんでした。
脇はいいのですが、すねの場合は、ソープをつけないと後で無性に痒かった。
 
テープで処理することもありました。
カミソリよりは綺麗に処理できたので、すねや腕など、場所が広いところに貼って処理をしてました。

ムースは、毛穴から抜けるわけではなく、毛穴付近で無駄毛が切れるという感じで余計目立つんですよね。